動画ラッシュ3

筆者
おはようございます。

今日はまず動画ラッシュのお知らせからです。

本日の注目イベント&経済指標

動画ラッシュ

昨今、ユーロ高だとか、ドル売りだとかよく言われてますし、当ブログでも、その手の話は随分してますので、その解説の動画をアップしておきました。ドルと原油の関係も知っておいた方がいいので、原油関連の動画もアップしました。ちょっと量が多いですが、知らないものは観ておいてください。投資やってたら、どっちみち通る道だと思いますので、知らないものがあれば今のうちやっておいてください。原油はシェールが来てますので、動画の解説のように一筋縄で判断できませんが、基本は大事なので、押さえておいてください。

[動画で解説] ドル安とは(円高ドル安とは)

[動画で解説] ドル高とは(円安ドル高とは)

[動画で解説] ユーロ安とは(円高ユーロ安とは)

[動画で解説] ユーロ高とは(円安ユーロ高とは)

[動画で解説] ドル売りとは

[動画で解説] ドル買いとは

[動画で解説] ユーロ売りとは

[動画で解説] ユーロ買いとは

[動画で解説] 原油とは(原油ってなに?解説と見方)

[動画で解説] 原油安とは(要因と影響)

[動画で解説] 原油高とは(要因と影響)

[動画で解説] 原油とドル・米国株との関係

[動画で解説] 原油とドル円の関係と影響

色々

さて、NYダウは、あほみたいに強いですね。今年に入ってから何回下がったっけ?って見返すぐらいですね。サンキュー相場ですが、逆に言うと逃げ時がね。一応、NYダウのMACDの話してましたが、シグナルに返されて上向きになってもう一段高の展開で、ブログで言ってた感じになりましたが、モメンタムがイマイチなので、MACDだけ見てても具合が悪いかもしれないです。5日線・10日線・ボリンジャーバンド+1σをキープしている間は上昇トレンド継続の形ですが、ボリンジャーバンドに関しては、逆側のバンドが上向きになってきたら注意が必要だと思います。逆側ってのは、-1σとか-2σのことです。って、その前に何らかの要因で下がったりもするかもですが。

ドルに関しては、引き続きドル売りが続いてます。下げ止まってないです。ドルの動向は「ドルインデックス」見て確認しておいてください。

ドル円に関しては、筆者は先週金曜日に時間足でヘッジ入れたり外したりで、含み益を10何銭か喰われましたが、引き続きいい感じです。ただ、ドル円は、週足で言えばボリンジャーバンド-3σあたりで、売り方としては、ここはシビアに見ておかないといけない所だと思います。週足では、今の所トレンドないですから、ヘッジは、時間足見ながら入れる時は、しっかり入れた方がいいと思います。ここらでしっかりヘッジ入れて利益はキープしておいて、週足でもし下降トレンドが発生したら、そこで戻り売りで狙うとかの対応も考えられますしね。このままわかりやすく今後週足で下降トレンド出るような展開になったらいいですが、週足ではまだ揉み合いの水準ですから、シビアにと思います。

ただ、週足のMACDは、モメンタムを伴ってゼロライン割ってきてるんですよね。角度もいい感じなので、まだ下がるかもなぁと思ってます。まだわからないですけどね。今の所はって感じです。

あと、金曜に公表されたIMM投機筋ポジションですが、円ショートが積まれてました。これは先週火曜時点のデータですが、ネットポジションが-12万枚と高水準です。低水準って言った方がいいかな?どっちでもいいんですけど、さらに下がる展開になった場合、下げが加速する可能性があるので、それは見ておきたいです。

と、ごちゃごちゃ下がりそうなこと書いてますが、これらだけでどうこう言えるものでもなく、今からドル円を売りでどうこうする所でもないです。基本的に、まだ2017年からの揉み合いの水準ですので、偏った見方はしないで、ボリンジャーバンド-3σあたりで今は揉み合いの下限あたりまで接近してきている、この後、揉み合いをブレイクアウトするか、揉み合いの中での推移が継続するのかを見る所だと思います。

さて、時間なくなったので今日はここまでにしますが。日経平均のテクニカル分析は、「株初心者のための株式投資と相場分析方法」のトップページ(PC版のみ)の「Infomation」の欄で、昨日書いておきましたし、「Infomation」の欄は色々更新してますので、そちらを参考にしてください。