ただいまリニューアル作業中です。作業終了まで一部表示が乱れている場合があります。

ファイザー・ワクチン予防の有効性90%超え発表

2020年11月のマーケット動向と投資戦略
スポンサーリンク

本日の注目イベント&経済指標

  • 日9月国際収支
  • 日10月景気ウォッチャー調査
  • 中国10月生産者物価指数 
  • 中国10月消費者物価指数 
  • 英10月英小売連合小売売上高調査
  • 英10月失業保険申請件数
  • 英10月失業率
  • 豪10月NAB企業景況感指数
  • ノルウェー10月消費者物価指数
  • トルコ8月失業率
  • 仏9月鉱工業生産指数
  • 独11月ZEW景気期待指数
  • ユーロ圏11月ZEW景況感調査

ファイザー

さてさて、9日は、

  • 2020年11月9日、ファイザーは新型コロナウイルスのワクチンの治験で予防の有効性が90%を超えたとする初期データを発表。11月中にもワクチンの承認を申請するとみられる。承認が得られれば、年内に世界で最大5000万回分、21年末までには最大13億回分のワクチンを製造する計画となっている。

ワクチンですね。やたらいいタイミングで出てきましたが。

NYダウ

ナスダック

日本時間5時半時点でブログ書いてますので、チャートもその時のチャートで終値までどうなるかわかりませんが、コロナで調子よかったナスダックから景気敏感株への乗り換え相場になりましたね。大統領選でNYダウのポジションそのままでナスダック薄く買い入れてたのは紹介してた通りですので、ちょっと眉間にしわが寄った筆者です。笑 まぁいいんですけどね。別に何もポジションイジってないです。クレカ関連、ボーイングなんかいい動きしましたね。

あと、日経ですよね。

このチャートは姉妹サイト「株初心者のための株式投資と相場分析」でかなり前から掲載している週足で、黄色丸のトリプルトップ抜けまでどうってことないチャートだったので更新もせず、変わってないので同じ話ばっか載せてたったやつですが、週足はまだ確定ではないですが、日足でも同じなのでちょこっと書いておくと、チャートポイントとしていた2018年を抜いてきたので、売りが逃げてチャート見てる人は買いで乗った形ですね。これについては数か月前から同じこと書いてましたので割愛しますが、注意点だけ書いておくと、もしこの高値抜けがいってこいで否定(2018年高値割れ)の形が出れば、今度は売り優勢になりやすいので、そこでは買い入れちゃダメって感じです。2018年高値割れが出れば売り仕掛けが基本になりますしね。一方、ここから上昇トレンドが出るのであれば、買いで乗ったまま短期トレンドの転換が出るまで売りで入っちゃダメです。

他方、2月に売りで入ってヘッジかけて完全に天底とってた保留してたポジションですが、今後いってこいにならずに2018年高値抜けが明確となり、トレンドが継続するのを確認できたら全決済で利益確定でいいと思います。ヘッジかかってるので別に焦らなくてもしっかりトレンド見てからでいいと思います。あと、税金ですよね。今年かなり勝ってるので税金考えながら利益確定のポイントはズラしてもって思います。

あとは、大きめの動きはトルコリラ。

トルコは中銀総裁の更迭があった後、今回はアルバイラク財務相が辞意表明、中銀の新総裁アーバル氏が「物価安定のため、あらゆる手段を使う」つってリラ買いになりましたね。

上記は週足です。トルコリラについては1億回ぐらい書いてる感じですが、底形成のチャートパターンが出るまで買いで入っちゃダメです。今までそれを守ってて全部正解でしたので、それを守っておけばいいと思います。最高の下降トレンドですしね。

という感じですが、米国市場の引け。ダウは垂れましたね。綺麗にボリンジャーバンド+2σ水準。終値で高値更新にもならずって所です。綺麗にやりますよねぇ。いつも思う。高値更新ない間はポジションいじらず、高値更新あっても筆者は買いでついていかないですけど。歴史的超割高水準で上では乗らないのは徹底しますし、株高期待多くて上がりやすいとは思いますが、上がっても構わないです。筆者は見送ります。割高で買わないって普通のことを普通に。ジャブジャブで上がってくかもしれませんが、社会主義的なバイデン氏で株が上がるとも見にくいと思ってますし。

あと、別に悲観論を言うつもりではないですが、中銀をみんな信用してますが、中銀は歴史的にずっと間違えてきてますからね。それは気を付けて見た方がいいと思います。それでみんな消える。反則行為にいつま付き合うか問題は考えておいた方がいいと思います。って、色々考え方あって別に筆者は正しくないですが、パウエル氏も言ってますしね、バブルなんかわからんつって。わけわからんとやってるんです。歴史的にも一旦バブらせるのは米国の歴史的な特徴ですしね。

というわけで時間オーバーしましたので今日はこの辺で。

タイトルとURLをコピーしました