11日はトランプ氏の記者会見

おはようございます。
先日、知り合いのおばちゃんが「しめ縄」の話をしてきました。しめ縄って「穂」が付いてるでしょ?毎年、その穂を食べにスズメが来るんだけど、今年は来ない!つって、おばちゃんはスズメの安否をものすごく心配してました。で、その話を近くで聞いてた人が「スズメが少なくなってるんだよ」って言ってきたんです。えー!?つって・・・。少なくなってるんだって。スズメ。知ってました?まぁそれが本当かどうか知らないですけど。
で、そのおばちゃんが、昨日やっと穂をスズメが食べに来た!つってきました。よかったですねぇって和やかに話を返したんですけど、なんかちょっとおばちゃんがキレ気味だったんです。心配事が払拭されて何をキレる必要があるのか意味不明だったんですが「穂を食べるのはいいけど糞を巻き散らしていく!」つってキレてました。「来年から穂は外す!」って、鬼瓦みたいな怖い顔して断言したので、”スズメの心配全然してない・・・”と心の中で思った筆者です。

さて、相場です。
金曜の夜間のNYダウの動向はご覧になられてましたでしょうか?筆者は姉妹サイトの強化作業をしながらNYダウの動向もチラチラ見てたのですが、20000ドルを何度もトライしつつも20000ドルつけない!って展開で、値動き見ながら笑ってました。早くつけろよ!って。笑 キス寸止めみたいな展開に見えましたし、寸止めばっかして結局お預けになって、うそーん!みたいな感じでした。ドル円に関しては、20日線割れの後にNYダウや長期金利ドルインデックスの上昇を受けて、20日線近辺まで帰ってきてたものの、昨日の英国のハードブレグジット懸念再燃、リグ数増による原油安労働市場情勢指数(LMCI)の悪化を受けて116円前半あたりで推移しています。

展開としては、11日のトランプ氏の記者会見待ちのように思います。トランプ氏が何を言うのか予想不可能ですが、おそらく米国にとって悪いことは言わないと思いますので、発言次第でNYダウの20000ドル突破は想像できるのですが、筆者は先週ブログで書いていた通り、ドル円が20日線を割ってきた所でポジションは落としており、ここで買いを入れることはしないつもりです。6日にドル円が陽線で20日線あたりまで返したのはいい感じに見えますが、チャート的にはここで円高に振れた方がダブルトップで綺麗な展開かなぁと思いますし、トランプ氏がドル高けん制発言してきたら、ボラ結構出ると思いますので、ここで相場張りたくないなと思います。先週逃げたままにしておくつもりです。個別に関しても先週チョロっと逃げちゃってます。
一応、ドル円に関しては短期線が集中してきてますので、どちらに振れてもおかしくないと見れますし、日経平均TOPIXに関しては、まだ全然上昇トレンド中ですので、先週の筆者の逃げは早過ぎるって感じもするのですが、11日にトランプ氏がようやく記者会見してきて何言うかわかりませんし、20日は大統領就任ですので、どこで相場転換してもおかしくなさそうですし、正直展開読めませんし。ただ、逆張りで売りを入れるつもりもありません。たぶんトランプ氏は良いことばっか言ってドル高進む可能性が高いので、変に逆張ると食われそうですしね。一応筆者は18400円に買いポジションがありますので、それに対するヘッジの売りは入れるかもしれません。ふーむ。まぁそんな感じかなぁ。

一方、日経平均やTOPIXに関しては上昇トレンド継続のチャートに見えますので、押した所で買い向かう方もおられると思いますが、ストップロスは浅めにかけておいた方がいいとは思います。6日時点で日経平均のEPSは1175円です。日銀短観想定為替レートが約105円で、現在116円として計算したら、PER16倍で19800円程度です。来期の増益予想は無視して為替だけの計算ですが、それだけで考えて安いかって言われれば、別にって感じですので、下へのリスクも考えながら、ストップロスは浅めで対応するのがケガが少ないと思います。一応、日経平均など指数どうこうより、個別で値動きのいいのは、いってこいの展開になってるのも多いですが、値幅は出やすいので、やるなら個別のスキャルピングが今一番取りやすいんじゃないかなぁって印象です。



注目記事


 

 

株式マーケットデータ


各種指標やデータは、姉妹サイト「株式マーケットデータ」で確認できます。以下は「株式マーケットデータ」の項目別のリンク先です。簡単な解説をつけておきましたので参考にしてください。

日本

  • 日本主要株価指数(日経平均株価・TOPIX・JPX400)
    日本の日々の主要株価指数をチェック!日経平均株価は値がさ株の動きに影響を受けやすい特徴があります。東証一部の全体の動向を見るにはTOPIXを。JPX400は優良株で構成されている株価指数です。

  • ドル建て日経平均
    日経平均をドル換算した株価指数。日本株をドル建ての資産として保有している外国人投資家から見た日経平均とも言えます。外国人投資家は日経平均株価を買いやすい水準かを見る際や外国人比率が高い銘柄を手掛ける際は要チェック。

  • ユーロ建て日経平均
    日経平均をユーロ換算した株価指数。東京市場のメインプレーヤーである欧州の投資家から見た日経平均とも言え、欧州の投資家のの日経平均におけるパフォーマンスが測れます。

  • 新興市場(東証二部・JASDAQ・マザーズ)
    新興市場は個人投資家主体の市場。各市場の特徴やをおさえて主要株価指数と対比して見るとお金の流れの把握や銘柄選定、効率のいい投資の役に立ちます。

  • REIT
    REITとは不動産投資信託のことです。分配金(株の配当金に相当)が魅力の金融商品です。為替の影響を受けにくいのが特徴。利回りは3ー5%で推移しやすく、3%では魅力なし。REITはインフレ率上昇が上昇要因で金利上昇が下落要因となります。

  • 日本国債利回り
    「日本の長期金利」と言う場合、「日本10年国債利回り」のことを指しています。その動向は、ローンや財政投融資など様々な金利に影響し、日本経済への影響が大きく金融政策の動向にも影響するため、必ず見ておかなくてはならない指標です。

  • 売買代金
    現在、東証一部の売買代金が2兆円以上なら市場は活況、2兆円以下なら閑散と判断するのが一般的です。

  • PER・EPS・PBR・配当利回り(日経平均)
    PERは、昨今何倍から何倍の間で推移しているかを見て割安・割高の判断を。EPSは断続的に上昇していれば株価上昇要因。ただし資産売却が多い局面でも上がるので注意が必要。PBRはリーマン時に0.8倍まで下がったことがあります。配当利回りは世界的に日本は低いので、長期金利との兼ね合いもあるが魅力薄い。株価が下がって配当が上がるのはクラッシュ前によくあるのでその点に注意が必要。

  • 日経VI
    日経VIとは」を参照してください。

  • NT倍率
    NT倍率の値が高ければ相対的に値がさ株が強く、低ければ株式数が多い銘柄が強い。

  • 騰落レシオ
    120%以上で買われ過ぎ、100%でフラット、70%以下で売られ過ぎを示します。
    ただし、騰落レシオは底値圏では一致指標となりやすいですが、高値圏では先行しやすい指標と見るのが一般的。株価上昇局面では機能しにくい面があるのが難点。

  • 移動平均乖離率
    通常、日経平均株価は移動平均乖離率±5%で推移しやすい。変動が大きい時で±7%あたりでおさまり、±10%は行き過ぎの傾向があります(個別銘柄の場合は水準が異なります)。

  • 空売り比率
    通常は20~30%で推移。20%割れで相場が天井圏になりやすく、30%以上になれば相場が底値圏になりやすいと見るのが一般的。ただ、昨今30%以上でずっと推移しているので、今アテにはならないかも・・・

  • 信用取引残高
    信用買残と信用売残の見方」「信用評価損益率の見方」「信用倍率とは」を参照。

  • 投資部門別売買状況
    投資部門別売買状況(投資主体別売買動向)」を参照。

  • 裁定取引
    裁定買残の見方と解説」を参照。

  • SQ値
    昨今、SQの週が高値をつけていればSQ後に下がりやすい傾向があり、安値をつけていればSQ後上がりやすい傾向があります。その他、SQの見方は「SQ(特別清算指数)とは」を参照。

  • プット・コール・レシオ(PCR)
    相場に弱気な投資家が増えれば上昇、強気な投資家が増えれば低下。通常は0.10-1.00で推移。急落時は4以上も。底値圏で急上昇しピークをつけやすく、相場転換時にPCRは反対に動き始めやすい。

  • 権利付き最終日・権利落ち日の日程(カレンダー)
    株主の権利を得るには、権利付き最終日に株式を保有し、翌日の権利落ち日まで持ち越す必要がある。権利落ち日に株式を売却しても株主の権利は得られる。ただし、権利落ち日には株主優待や配当金の分だけ株価が下落しやすい。

  • 満月・新月カレンダー
    満月や新月の日は地球の引力が微妙に変化して投資家心理を変化させやすいとされています。株式市場では満月や新月の日は相場が荒れやすいor転換点となりやすいというアノマリーがあります。

米国

  • NYダウ・NASDAQ・S&P500
    NYダウ
    輸送株やエネルギー株を中心に構成された株価指数。原油価格の動向に左右されやすく海外向けの企業が多いため米ドルの動向にも左右されやすい。ただ、銘柄入替が頻発で優良株ばかり集めた指数なので、下がりにくい特徴も。
    NASDAQ
    米国のベンチャー企業向けの株式市場。ハイテク株多い。日本株との連動性が高い市場とも言われています。
    S&P500
    米国株式市場全体の動向を見る際に利用される指数。米国の大型株の動向を示す指標として機関投資家の運用成績を計るベンチマークとしても利用されます。情報技術株や金融株、ヘルスヘア株、消費者・サービス株の割合が比較的高い指数。

  • ダウ・ジョーンズ輸送株平均(ダウ輸送株20種平均・ダウ輸送株指数)
    ダウ・ジョーンズ輸送株平均(ダウ輸送株20種平均・ダウ輸送株指数)は、米国市場において米国の景気の先行指標、NYダウの先行指標としてして認知されています。

  • SOX指数
    米国の半導体メーカーや半導体製造装置メーカーの全30銘柄で構成される株価指数。日本の半導体関連株の動向にも影響を与える。

  • 米国REIT指数
    REITを分析する(REIT指数の上昇・下落の要因)」を参照してください。

  • 米国商業用不動産価格指数(CPPI)
    米国の商業用の不動産価格。売買交渉から契約段階の売買が反映され速報性が高い指数。

  • 米国債利回り
    経済大国である米国の「米国10年国債」は、金融商品の中でも最大の金融商品。「米国の長期金利」と言う場合、「米国10年国債利回り」のことを指しています。株でもFXでも「米国10年国債利回り」の動向を見ないなら投資はやめた方がいいと言える指標ですので必ず動向はチェックしておきましょう。見方は「金利差」を参照。

  • PER(NYダウ・ナスダック100・S&P500)
    米国のPERを見れる日本のサイトはあまりありませんので、是非活用してください。

  • VIX指数
    通常、14から24程度で推移。20i以上で先行き不安が高まり、11から12まで低下すれば楽観視する水準と見るのが一般的。相場が急落する局面では30以上まで上昇することもありますが、30以上は相場の底を示すことが多い。ただし、金融危機が起こった際には、VIXは89まで上昇したこともある。

  • VXD(ダウ版VIX指数)
    NYダウ(ダウ平均)版のVIX指数(恐怖指数)です。数値が高いほど投資家が先行き不安を抱いていることを示し、低いほど先行きを楽観視していることを示します。

  • VXN(ナスダック版VIX指数)
    ナスダック(NASDAQ100)版のVIX指数(恐怖指数)です。数値が高いほど投資家が先行き不安を抱いていることを示し、低いほど先行きを楽観視していることを示します。

  • スキュー指数
    起こりえないことが起こる可能性を示す指数。100が平常の状態、100以上で警戒心が高まっていることを示します。ブレグジットが決まった時は153.66まで上昇しました。

  • CAPEレシオ
    PERの一種。25倍に近づくと株価の過熱感が意識されて株価は下落に転じやすい傾向があります。機能する場合としない場合がある指標ですが、機能した時が怖いので見ておく必要がある。CAPEレシオが見れるサイトは日本では当サイトだけだと思いますので、是非活用してください。

  • Fedウォッチ
    今後開催されるFOMC(連邦公開市場委員会)で決定される米国の政策金利であるFFレートの誘導目標が変更される可能性を確率で表したもの。予想確率が70%以上で利上げする可能性が高いと見るのが一般的。

欧州

  • VSTOXX(欧州版VIX指数)
    欧州版のVIX指数。高くなるほど投資家がユーロ圏の株式指数の先行きに不安、低くなるほど楽観視していることを示します。

為替

商品

経済指標

各経済指標の推移を掲載しています。各経済指標の解説は、各ページの下部に解説ページのリンク先がありますので、そちらを参照してください。

日本

米国

サイト情報