ただいまリニューアル作業中です。作業終了まで一部表示が乱れている場合があります。

25日線もみ合い

2016年8月のマーケット動向と投資戦略
スポンサーリンク

おはようございます。
街がカブトムシ臭い・・・筆者です。

日経平均は25日線近辺でのもみ合いで、ジャクソンホール待ち、昨日の米国は中古住宅販売件数↓で低調、欧州はまちまちの内容でした。昨今、米国の各連銀総裁から利上げに前向きな発言が出ており、市場がどう反応するか探っている面があると思いますが、ほぼ無風で米国の株価は高値もみ合いが続いています。環境的にはドル安誘導と利上げも12月にあるかないか経済も物価や雇用も当初の予想にほぼ添う形できてますので適温、ジャクソンホール前で様子見ってことだと思いますが、ここでジャクソンホールは無風だろうと予想して持ち越すのはリスクが高いと考えています。NYダウ、ナスダック、S&Pのどれでもいいですが、チャートを見てここで買いを入れるような投資はしちゃいけないです。ジリ高でドスンとくるのがリスク資産の典型的なパターンですし、著名投資家が逃げている中で個人投資家が買持ちで粘ってる今の状況はかなり危険だと思いますので、そのリスクは十分考えておきたい所だと思います。

さて、日銀のETF買いは昨日もありませんでした。買い入れ6兆に増やしてからまだ2回しか買ってないんですよね。今後も700億ペースで買うのか、来月はG20、ECB、FOMC、日銀会合とイベント盛りだくさんですから、下押しがあれば700億より上がったりもするのか、まだ全然わからない所です。そういう状況が一番下押しにくい所だと思いますが、日銀も年金も個人投資家も下で待ってますから、ジャクソンホールのイエレン氏の発言内容によって、結果的に25日線サポートになって株価上昇って展開も考えておきたい所です。ジャクソンホールでのイエレン議長の講演は明日26日の予定になってます。



タイトルとURLをコピーしました