ただいまリニューアル作業中です。作業終了まで一部表示が乱れている場合があります。

10日線について

2016年8月のマーケット動向と投資戦略
スポンサーリンク

おはようございます。
レスリングのリング?は丸なのに、プロレスのリングは四角ですよね。なんで?
今日もまた首相のゴルフの記事出てますね。笑 昨日は麻生さんとみたいです。首相は半ズボンでのゴルフが多いですね。ふむふむ。国家機密とされていた首相のスコアは新聞に思いっきり出てましたけど、こうなったら麻生さんのスコアも知りたいなぁと思う筆者です。

さて、昨日は寄りから10日線近辺でしっかり反発でした。戦略としてはよかったと思いますが、10日線戦略の注意点だけ書いておきます。10日線は2週間分の平均線なので、そもそもは大した支持線ではありません。ですので、状況を考えながら押し目買いするか手控えるかを判断する必要がある線であることはおさえておいて欲しいなと思います。逆に10日線を割った場合は下げが早くなることもあるので注意が必要です。円高進みやすい月でもありますし、来週はジャクソンホール、そもそも8月、9月はいい時期ではないので、小幅でも利益があるうちの素早い利益確定が望ましいかなと思います。投資チャンスはいくらでもきますしね。昨日はソフトバンクとコマツに振らされた感じもありましたし。

昨日はFOMC議事録の発表でした。利上げに慎重な内容で米株は小幅反発。昨日からすれば多少円高も進んでます。8月は月末まで円買い入りやすいですから為替に関しては引き続き注意が必要だと思います。また、昨日は裁定買残も4700億程度と、かなりの低水準の数字が出てきました。マイナス金利下で裁定買残は積み上がらないと思いますので、今気にするデータでもないと思いますが、裁定買残についての見方とか解説は、近いうちに記事にしてみようかなと思っています。マイナス金利による裁定買残への影響についても書くつもりですので、よかったら読んでください。ちなみに裁定買残の推移は、姉妹サイト「株式マーケットデータ」で常に更新しています。



タイトルとURLをコピーしました