ただいまリニューアル作業中です。作業終了まで一部表示が乱れている場合があります。

今日はSQ日

2016年8月のマーケット動向と投資戦略
スポンサーリンク

おはようございます。
異常なぐらい屁が出る時ってないですか?昨日がその日だった筆者です。

昨日は、サウジアラビアの原油増産凍結を示唆したことによる原油高と、米国の百貨店大手メイシーズの好決算を受けて米国の株式市場は大きく上昇しました。メイシーズの好決算がなぜ米国の株式市場全体を押し上げる材料となったのか次の記事で解説します。また、日本はお盆の季節になってきましたので、お盆の季節の相場の特徴も記事にしますので、よろしければ読んでみてください。

さて、日本はお盆の季節です。
夏枯れ相場って感じもする日本市場ですが、10日の売買代金はまだ2兆円をキープしてましたので、夏枯れと判断するにはまだ早いかもしれません。盆休み入ってる方も多いので、今日から売買代金落ちそうですが、今日はSQ日ですのでSQの売買代金↑分は出ると思います。現在、日経は日銀のETF6兆買い入れ期待で円高でも上昇する相場が続いています。ドル建ての日経も上昇しており、米国株に比べて割安でもあることから、海外投資家が持ち株を増やしてくる可能性もあるため、海外投資家の買いによる上昇は意識しておきたいです。個別銘柄より株価指数のETFなどの方が取りやすいので、物色対象はそちらの方が良さそうです。上値のメドは7月高値の16938円意識のように思います。ここを抜けるかどうかが当面の焦点にはなるとは思いますが、今日SQ通過で相場の流れが変わるかもしれないので、慎重に見ておきたい所です。下値メドは、8月に2度反発している25日線のラインでしょうか。10日時点で16320円です。今、日本の要因では下がりにくい相場だと思いますので、売りは攻めにくいです。押しは買っていきたい所ですが、海外は特に見ておきたい所だと思います。急落がくるとすれば海外要因になると思いますので、欧米や中国動向は注意して見ておきたいです。



タイトルとURLをコピーしました