トランプ大統領就任演説の全文(2017年1月20日)

 

ロバーツ最高裁長官、カーター大統領、クリントン大統領、ブッシュ大統領、オバマ大統領、アメリカの国民の皆さん、そして世界の皆さん、感謝申し上げます。私たちアメリカの国民は、素晴らしい努力を重ねることになります。国をたてなおします。そして全ての人たちに約束します。共に私たちはこの先何年もの米国と世界の道筋を切り開いていくことになるでしょう。様々な課題はあるでしょう。また、様々な苦難も生まれるでしょう。しかしながら私たちは任務を完了します。4年おきに私たちはこの場所に集まる。このような政権移行の場がある。私たちはオバマ大統領に感謝申し上げます。またオバマ大統領夫人にも感謝申し上げます。これまで政権移行に支援して下さいました。ありがとうございます。
今日の式典は特別な意味合いがあります。なぜならば今日は、政権移行の場にいるだけではないからです。一つの政権から別の政権、また一つの政党から別の政党へ権限を移行するだけではありません。私たちはワシントンDCから国民に権限を移行するのです。長い間、この首都において小さなグループが政府の恩恵を受けてきました。一般の人たちがその代償を払ってきました。ワシントンは反映を遂げてきましたが、人々は富を享受できなかった。政治家たちは反映を遂げましたが、仕事が奪われていきました。工場は閉鎖されました。エスタブリッシュメントは自分たちを守ったが国民を守ることはなかった。彼らは勝利をおさめましたが皆さんの勝利にはなりませんでした。彼らは首都で祝福をしていたが、苦しむ世帯に祝福はなかった。全土でそれが見られた。しかし、それが全て変わります。今ここから変わります。この瞬間は皆さんのものです。ここに集まっている皆さんのものです。そして、全米でこれを見ている皆さんのものです。今日は皆さんの一日です。皆さんが祝うべき日です。そして、アメリカ合衆国は皆さんの国なのです。
真に大事なことは、どの政党が政権を握っているかではなく、政府が国民のために運営されているかです。2017年1月20日、国民がこの国を支配するという立場に立った一日として記憶に残ることでしょう。今まで忘れ去られていた人々が、もう忘れ去られることは決してありません。誰もが皆さんの声に耳を傾けている。皆さんは数千万人単位で、世界がかつて見たことのないような歴史的な運動に参加するため集まった。この運動の中心にあるのは、「国家は市民のためにある」という信念です。アメリカ人は子供たちのために素晴らしい学校が欲しいし、安全な街に住みたいし、いい職を得たいと考えている。これらは当たり前のことで当然の望みです。でも今までは全く違う現実があった。都心部で貧困から逃れられずにいる母親と子供たち。米国中に墓標のように散在するさび果てた工場。資金はあふれるほどあるのに、若く素晴らしい生徒たちに十分な知識を与えない教育制度。あまりにも多くの生命を奪い、大きな潜在能力を持つ米国に略奪をはたらいてきた犯罪やギャング、麻薬。このアメリカの殺りくはこの場所で、たった今終わります。
私たちは一つの国家です。国家の苦しみは私たちの苦しみです。彼らの夢は私たちの夢、彼らの成功は私たちの成功、私たちは心を一つに合わせて一家として一つの栄光に満ちた運命を共有している。私は今日、就任宣誓を行いました。これは忠誠の誓い、全アメリカ国民に対する忠誠の誓いです。何十年にも渡って私たちは海外の産業をアメリカの産業を犠牲にして豊かにしてきました。他の国の軍に補助金も出してきました。そしてアメリカの軍は今疲弊している。私たちは、他の国の国境を守ってきました。一方で、私たちの国の国境を守ることを拒んできました。そして、何兆ドルものお金を海外で使ってきました。一方で、アメリカの社会基盤は老朽化しています。他の国が豊かになり、アメリカの豊かさや自信は彼方に遠ざかってしまいました。工場が一つ一つ閉鎖され、私たちの国から遠ざかっていきました。そして、何百万人ものアメリカの労働者が取り残されたことなど見向きもしなくなりました。中間層が貧困し、家が奪われてしまいました。そして、それが世界全体に散らばってしまったのです。しかし、それは過去の話です。今から私たちは、未来に目を向けていきましょう。
私たちは、今日ここに集まりました。そして新しい布告を全ての国民に広めていきたいと思っています。そして力をもつ機関にも広めていきたいと思っています。新しいビジョンがこれから私たちの国を率いていきます。この日から米国第一、米国第一、が私たちを導いてくれるのです。
貿易に関しても、税金に関しても、移民に関しても、外交に関しても、全ての決定は、アメリカの労働者、家族にとって有利なものになるようにします。私たちの国境を守る必要があります。私たちの製品を守る必要があります。私たちの雇用を奪われてはならないのです。それを保護することによって繁栄を遂げることができるでしょう。私は徹底的に戦います。私は決して決して皆さんを失望させることはありません。アメリカは再び勝利をおさめます。これまでなかった勢いで勝利をおさめるでしょう。私たちは雇用を取り戻します。私たちは国境を取り戻します。私たちは富を取り戻します。私たちは夢を取り戻します。私たちは新しい道、高速道路、橋、空港、トンネル、鉄道を作り上げます。この素晴らしい国土で。福祉に頼る生活から人々を抜け出させ、しっかり仕事に戻らせ、アメリカの労働力によって国を再建できるようにしたい。
私たちは2つのシンプルなルールに従っていきます。アメリカ人を雇用する、アメリカの製品を買う。
私たちは友好関係を各国と結んでいきたいと思っていますが、このようなことを理解していただきたいと思っています。全ての国は権利がある、自分たちの利益を優先することを認めていただきたいと思っています。私たちは自分たちの生き方を押し付けるつもりはありません。しかし、私たちは皆が従う模範になりたいと思っています。私たちは輝きます。私たちは新たな関係を構築します。そして文明諸国を1つにまとめ、イスラム過激派のテロリズムを根絶させます。そして、政治の根底に置くのは、米国への完全なる忠誠だ。我々は国家への忠誠を通じて互いへの忠誠を再び見つけ出すだろう。愛国主義に心を開けば偏見など持たないはずです。
聖書はこう言っています。神の民がともに協調して暮らすとき、それはどんなにすばらしく快適なことかと。私たちは考えを真摯に語り、議論をし、常に団結を求めていかなければなりません。アメリカが一つにまとまっていればアメリカを止めることは出来なくなります。恐れることはありません。私たちは常に守られるでしょう。私たちを守ってくれるのは素晴らしい軍人たち高官たち、そして神から守られるでしょう。
最後に、より大きく考え、より大きく夢を見ましょう。国というのは繁栄してこそなのです。これからは、口ばかりで何もしない政治家を受け入れません。中身のない対話の時代は終わりです。行動を起こす時が来たのです。決してこんなことは出来ないとは言わせてはいけません。どんな課題でも私たちは必ず繁栄していくはずです。新しい時代の扉が開こうとしているのです。宇宙が神秘の場所ではなくなり、地球は惨めな病疫から解放されます。次世代のエネルギーや産業、テクノロジーが実用化されます。新たな国家の尊厳が我々の魂を鼓舞し目線を上げさせ、我々の分断を癒やすでしょう。黒い肌であろうと、茶色い肌であろうと、白い肌であろうと、、どんな人の体にも愛国者という赤い血が流れているという古くから伝わる軍人の知恵を思い出してください。全ての人が公平に栄光ある自由を謳歌し、同じ偉大な米国旗に敬礼する。デトロイトの都心の真ん中で生まれた子供も、ネブラスカの大草原で生まれた子供も、同じ夜空を見上げ、同じ希望で胸を満たし、全能の神のご加護を受けています。全てのアメリカ国民の皆さん、近い場所でも、遠くの場所でも関係ない。大都市に住んでいようが、小さい街に住んでいようが関係ない。山脈から山脈、東海岸から西海岸まで、全ての国民にこの言葉を聞いてほしい。皆さんは決してこの後再び無視されることはありません。あなたの声、希望、夢が、アメリカの未来を形作ります。皆さんの愛と善意と勇気が、私たちの未来への道を導いてくれる。力を合わせてアメリカを再び強くしよう。再び豊かにしよう。誇り高き国にしよう。再び安全な国にしよう。そして、力を合わせてアメリカを再び偉大な国にしよう。ありがとうございました。神の祝福が皆さんに、アメリカにありますように。

 

 

関連記事


 

 

当ページは、当該の内容について運営者が作成・編集したものです。情報・データは安全性や正確性を保証するものではなく、投資への勧誘を目的としたものでもありません。当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害について一切責任を負いませんので予めご了承ください。