ムニューシン氏(米国財務長官)の概要

 

ムニューシン氏(米国財務長官)の概要


 

人物
  • ゴールドマンサックス出身(米国証券大手)
  • 父もゴールドマンサックスのエリート。反エリートのトランプ氏と逆行も?
  • 政治経験なし
為替
  • 「強いドル(ドル高)は国益にかなう」と発言。
    ドル安論者のトランプ氏とは逆行?
国債
  • 超長期国債発行を示唆
役割 ムニューシン氏が担うと思われる役割

  • 法人減税35%→15%
  • 金融規制緩和(ドットフランク法緩和)
  • 貿易協定見直し
  • イラン・キューバへの制裁を課す場合に先導役になる可能性も。
発言
  • 最優先課題は税制改革。
  • 法人減税が高成長を生み、個人所得増にもつながる。中間層にも大規模な減税をし、富裕層向け減税は控除縮小で相殺され、減税にならない。
  • 中国を為替操作国に認定するならば、それは財務省の仕事。
  • 中小の金融機関は融資より法令順守に力を入れすぎている。
  • FRB理事会の空席2つを埋めることは優先課題。
  • イエレンFRB議長はいい仕事をしている。
  • ボルカールールを支持
  • グラス・スティーガル法の復活もあり得る
    →2017年5月19日にグラス・スティーガル法を支持しないことを明言。

 

 

関連記事


 

 

当ページは、当該の内容について運営者が作成・編集したものです。情報・データは安全性や正確性を保証するものではなく、投資への勧誘を目的としたものでもありません。当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害について一切責任を負いませんので予めご了承ください。