原油価格下落+ADP雇用統計大幅増

筆者
おはようございます。

WBC、日本調子いいですね。筆者周辺の野球ファンも機嫌がいいです。ただ、負けた時に機嫌が悪くなるのはわかってるし、その時に悪口ばっか聞くのイヤなので「負けた時のことも考えといた方がいい」つったら眉間にシワが寄ってたので、言わなきゃよかったと思った筆者です。ふーむ。殺伐とした世の中だ・・・。

さて、相場です。

 

img_k039今日のチェックポイント!

概況
まず、原油価格です。在庫統計で供給増でしっかり下落しています。またADP雇用統計が大幅増でしたが株式市場はあまり反応ないように見えましたが、米国の長期金利上昇でドルインデックス上昇、原油価格下落を受けてNYダウボリンジャーバンドの1σ割ってきました。S&P500は小幅安であったもののこちらも1σを割ってきましたので、1σでの押し目買いはアウトで逃げのポイントだったと思います。だましになる可能性もありますが、25日線までの下落が考えられると思います。今後は原油価格、米国長期金利、ドルインデックス、株式の動向には注意が必要だと思います。

さて、ADP雇用統計ですが、おっ!って言っちゃうぐらい大幅増(29.8万人)でした。って、これで米雇用統計も!ってことでもないですし、ADP雇用統計も米雇用統計もブレやすい指標なのでアテにならんのですが、FOMCで見通しがどうなるかより注目したいです。長期的な見通しの内容によって利上げ回数が緩やかなペースでないかもってことになると、米国の長期金利上昇で円安要因にはなるのですが、米国の長期金利が3%行きそうですし、3%超えてきたら株式市場がそろそろ嫌がるんじゃないかなって思うので要警戒で見ておいた方がいいように思ってます。

 

為替
ドル円は米国の長期金利上昇とドルインデックス上昇で114.30円あたりまで円安が進んでいます。ただ、114.83円や115円を突破しなければダブルボトム完成しないので、この水準を突破しない間はまだレンジと見れると思います。今後のイベントなどで突破してくればトレンド発生と見れると思います。

そうそう、予算教書が15日に公表予定となりました。15日はイベントまとまり過ぎですね。予算教書、債務上限問題、オランダ総選挙、FOMC、日銀会合と、知らんわ!ってぐらいまとまってて、とにかく知らんわ!って感じです。一つずつやってくれりゃそれに関する記事一つずつ書きたいなぁと思うんですけどねぇ・・・。

 

日本
さて、日経平均ですが弱い展開が続いてます。昨日筆者はADPボコった内容は出なさそうかなぁと思って、ちょっと買い増しをしました。円安進んでちょっと思った通りいったのですが、NYがボリンジャーバンドの1σで粘るかなぁと思ってたものが割ってきてますし、原油もWTI原油先物が日中下がって引けたまま下げ止まっ形でもないです。原油は下は限定的だと思ってますが、ドル高が進めば原油は逆相関するのが普通の見方ですし、NYダウも引っ張られやすくなって日本もって思うので、つまらんけど手仕舞おうかなと思ってます。なーんか、昨日は個別で指値入れておいたところに1ティック届かずで買えず、そのまま上がっちゃって利益逃した銘柄3つもあって、今全然相場にハマってない感じがしてます。ふーむ。

 

リニューアル情報


 姉妹サイト「株式マーケットデータ」をリニューアルしました。各種指数や指標の推移が確認できますので、日々の投資判断にご活用下さい。

 

注目記事


 


 

  • 各種指標やデータは、姉妹サイト「株式マーケットデータ」で確認できます。以下は「株式マーケットデータ」の項目別のリンク先です。簡単な解説をつけておきましたので参考にしてください。
日本
  • 日本主要株価指数(日経平均株価・TOPIX・JPX400)
    日本の日々の主要株価指数をチェック!日経平均株価は値がさ株の動きに影響を受けやすいので、東証一部の全体の動向を見るにはTOPIXを。JPX400は優良株で構成されている株価指数です。

  • 新興市場(東証二部・JASDAQ・マザーズ)
    新興市場は個人投資家主体の市場。各市場の特徴やをおさえて主要株価指数と対比して見るとお金の流れや銘柄選定、効率のいい投資の役に立ちます。

  • REIT
    REITとは不動産投資信託。分配金(株の配当金に相当)が魅力の金融商品です。為替の影響を受けにくいのが特徴。利回りは3ー5%で推移しやすく、3%では魅力なし。REITはインフレ率上昇が上昇要因で金利上昇が下落要因。

  • 日本国債利回り
    「日本の長期金利」と言う場合、「日本10年国債利回り」のことを指しています。その動向は、ローンや財政投融資など様々な金利に影響し、日本経済への影響が大きく金融政策の動向にも影響するため、必ず見ておかなくてはならない指標です。「2年」の利回りと「10年」の利回りの差が縮まれば景気後退入り懸念、「2年」の利回りの方が高く(逆イールド)なれば景気後退入り。

  • 売買代金
    現在、東証一部の売買代金が2兆円以上なら市場は活況、2兆円以下なら閑散と判断されています。

  • PER・EPS・PBR・配当利回り(日経平均)
    PERは、昨今何倍から何倍の間で推移しているかを見て割安・割高の判断を。EPSは断続的に上昇していれば株価上昇要因。ただし資産売却が多い局面でも上がるので注意が必要。PBRはリーマン時に0.8倍まで下がったことがあります。配当利回りは世界的に日本は低いので、長期金利との兼ね合いもあるが魅力薄い。株価が下がって配当が上がるのはクラッシュ前によくあるのでその点に注意が必要。

  • 日経VI
    日経VIとは」を参照してください。

  • NT倍率
    NT倍率の値が高ければ相対的に値がさ株が強く、低ければ株式数が多い銘柄が強い。

  • 騰落レシオ
    120%以上で買われ過ぎ、100%でフラット、70%以下で売られ過ぎを示します。
    ただし、騰落レシオは底値圏では一致指標となりやすいですが、高値圏では先行しやすい指標と見るのが一般的。株価上昇局面では機能しにくい面があります。

  • 移動平均乖離率
    通常、日経平均株価は移動平均乖離率±5%で推移しやすい。変動が大きい時で±7%あたりでおさまり、±10%は行き過ぎの傾向があります。個別銘柄の場合は違いますが。

  • 空売り比率
    通常は20~30%で推移。20%割れで相場が天井圏になりやすく、30%以上になれば相場が底値圏になりやすいと見るのが一般的。ただ、昨今30%以上でずっと推移しているので、今アテにはならないです。

  • 信用取引残高
    信用買残と信用売残の見方」「信用評価損益率の見方」「信用倍率とは」を参照。

  • 投資部門別売買状況
    投資部門別売買状況(投資主体別売買動向)」を参照。

  • 裁定取引
    裁定買残の見方と解説」を参照。
米国
  • NYダウ・NASDAQ・S&P500
    NYダウ
    輸送株やエネルギー株を中心に構成された株価指数。、原油価格の動向に左右されやすく海外向けの企業が多いため米ドルの動向にも左右されやすい。ただ、銘柄入替が頻発で優良株ばかり集めた指数なので、下がりにくい特徴も。
    NASDAQ
    米国のベンチャー企業向けの株式市場。ハイテク株多い。日本株との連動性が高い市場とも言われています。
    S&P500
    米国株式市場全体の動向を見る際に利用される指数。米国の大型株の動向を示す指標として機関投資家の運用成績を計るベンチマークとしても利用されます。情報技術株や金融株、ヘルスヘア株、消費者・サービス株の割合が比較的高い指数。

  • 米国REIT指数
    REITを分析する(REIT指数の上昇・下落の要因)」を参照してください。

  • 米国債利回り
    経済大国である米国の「米国10年国債」は、金融商品の中でも最大の金融商品。「米国の長期金利」と言う場合、「米国10年国債利回り」のことを指しています。株でもFXでも「米国10年国債利回り」の動向を見ないなら投資はやめた方がいいと言える指標ですので必ず動向はチェックしておきましょう。見方は「金利差」を参照。

  • PER(NYダウ・ナスダック100・S&P500)
    米国のPERを見れる日本のサイトはあまりありませんので、是非活用してください。

  • VIX指数
    通常、14から24程度で推移。20i以上で先行き不安が高まり、11から12まで低下すれば楽観視する水準と見るのが一般的。相場が急落する局面では30以上まで上昇することもありますが、30以上は相場の底を示すことが多い。ただし、金融危機が起こった際には、VIXは89まで上昇したこともある。

  • スキュー指数
    起こりえないことが起こる可能性を示す指数。100が平常の状態、100以上で警戒心が高まっていることを示します。ブレグジットが決まった時は153.66まで上昇しました。

  • CAPEレシオ
    PERの一種。25倍に近づくと株価の過熱感が意識されて株価は下落に転じやすい傾向があります。CAPEレシオが見れるサイトは日本では当サイトだけだと思いますので、是非活用してください。

  • Fedウォッチ
    今後開催されるFOMC(連邦公開市場委員会)で決定される米国の政策金利であるFFレートの誘導目標が変更される可能性を確率で表したもの。予想確率が70%以上で利上げする可能性が高いと見るのが一般的。
為替
商品
経済指標

各経済指標の推移を掲載しています。各経済指標の解説は、各ページに下部に解説ページのリンク先がありますので、そちらを参照してください。

日本

米国

 

トランプ氏記者会見前

おはようございます。
先日、気が向いたのでお蔵入りさせてた自転車を引っ張り出してきました。筆者の自転車はフランス製のマウンテンバイクです。おフランスですので、それはそれはオシャレ極まりなく超絶カッコイイんです。マウンテンバイクですからパワフルさ、アグレッシブさの面から見ても申し分なく、段変速も死ぬほどついてますので、メカニカル面、テクニカル面でもパーフェクトに近いです。赤を基調とした自転車ですので筆者は「赤い彗星」と呼んでます。そんな自転車が、お蔵入りさせてた月日が長かったためタイヤがペシャンコになってたので、交換しに自転車屋へ持って行きました。オシャレ極まりない自転車ですからタイヤもオシャレ極まりなく、白のラインがシャーン!と入ってて、マウンテンバイクのゴツゴツしたタイヤなのに重苦しくなくオシャレに見えちゃう!みたいな。オシャレの国おフランスですからそういうことになっちゃうんです。まぁでもこれと同じタイヤあるわけないよねって感じで、デザインだけ似せときゃいっかと思って、自転車屋に一本だけあった白のラインが入ったタイヤに交換してもらうことにしました。で、完成を見たら予想外に超絶みっともないことになってたんです。筆者が選んだタイヤはマウンテンバイク用でなく細いタイヤだったので、マウンテンバイクのどっしりした本体でタイヤだけ細い、ってことになって、バランス最悪で超絶ダサくなりました。ボディビルダーの上半身にローラさんの足をつけたみたいな・・・。完全なチョイスミスでおフランスの偽物の自転車みたいになって乗って帰ってくるのが恥ずかしかった筆者です。

さて、冒頭の話が長くなりましたが相場です。
ドル円は日経平均もみ合いで、NYもトランプ氏の記者会見前で様子見の動きのように見えます。ただ、基本的には強い相場のように見えます。トランプ氏の発言によっては上トライも、って感じに見えます。NYに関しては、まだ長期金利の上昇の警戒もなさそうで、そもそもドルの強さも見てなさそうですし、トランプ氏も米国にとって悪いことを言うとは思えませんので、ここで相場転換っていうのも予想はしにくい所かなぁと思います。ただ、トランプ氏がどんな方なのかまだよくわからないので、単純な予想はきかないかもってことで警戒は必要だと思いますし、なんとなく今回の記者会見が20日の大統領就任からの相場展開を占うイベントになるって見方をしているメディアが多いようにも思いますが、筆者としては、どちらかというと今回の記者会見と20日の大統領就任は質が違うかなぁって気がしてますので、ここで変に固定概念植え付けられてもうっとうしいですし、13日からの米国の決算発表の動向をより見ておきたいかなぁと思います。長期金利上昇の影響やドル高の影響はまだ限定的な気もしますし、視点は次に向かってると思いますが、ここで毛躓く内容であれば相場展開変わりやすくなる可能性があるので注視しておきたいなぁと思います。

さて、今日は手控えの動きも出やすそうにも思いますが、昨日までの日経平均は25日線も割らずに強いなぁって展開が続いています。チャートも崩れてないので昨日筆者は何もしてない感じです。楽観的なことを言うと、ムニューチン氏はドル高容認派ですし、トランプ氏はドル安論者として見られていますが、今の所確定的じゃないんですよね。その点から考えるとドル高けん制入ってきにくそうですし、米国にとっていいこといいそうなので、ここで相場崩れる見方はしにくそうに思います。ただ、何言うかわからないので警戒するのが普通の所だと思ってます。ちょっと悪い見方をするなら、ガンドラッグ氏の見方として、先月中旬の段階でトランプラリーはそろそろ終わるって言ってましたので、ここが転機になってもって見方もできます。ってことでまぁ様子見ですよねぇ。どっちに振れるか見てからでいいですしね。

 

 

関連記事


 


日本 日本主要株価指数・REIT・日本国債10年
株価指標 PER・EPS・PBR・BPS・配当利回り・NT倍率・日経VI・騰落レシオ・乖離率・空売り比率・売買代金
米国 NYダウ・ナスダック・S&P500・VIX指数・REIT・米国債10年・2年
為替・金・原油 為替・金・原油の推移
IMM投機筋
ポジション
IMM投機筋ポジションの推移
信用取引残高 信用取引残高の推移
投資部門別
売買状況
投資部門別売買状況の推移
裁定取引 裁定取引の推移