米国決算へ

おはようございます。
先日、パラパラのチャーハンの作り方がわかった筆者です。一応、まぐれで作れたってことでは具合が悪いので、3回同じ方法でやってみて、3回とも見事なパラパラチャーハンを作れたので、今日はそのレシピも紹介します。って、投資戦略のサイトなのに何故チャーハンのレシピがあるんだ?って怒られても嫌なので、レシピはブログの最後に書きます。当サイトは投資家の方だけ見てくれてる感じでもなくて、冒頭の筆者が好き勝手書いてるとこだけ読んでくれてる方もいるので、その辺は愛嬌ってことで見逃して下さい。

さて、相場です。
昨日はダッシュでトランプ氏の記者会見に関する記事を書いて、筆者は時間がなく勝手にてんてこ舞いになってブログもダッシュで書いたわけですが、日中の相場は意外と下がったなぁって印象でした。ドル円に関しては円高の流れは出ているように思います。5日線の下で推移していますので、5日線を上抜いてくるか、筆者の大好きな10日線を上抜いてくるまでは円高に振れやすい展開が続くように思います。
一方、日経平均は、昨日書いてた安値は昨日時点で割らなかったのが印象でした。25日線は割りましたので、売りを入れようかなぁとも思いましたが、25日線割れでトレンドが変わったってことでもなく、基本的に直近安値を割った所の方が売りを入れるか利益確定してしまうのは信頼感があると思いますので、昨日は一応何もしませんでした。あ、直近安値って、筆者は12月30日の安値を見てます。ここを割るような展開になれば、売りを入れようかなぁと考えてます。または、直近で25日線を回復できない展開となれば売りを入れていこうかなぁと思ってます。ただ、ボリンジャーバンド的には、まだもみ合いだろうなぁって形ですので、トレンドはまだどちらにも出てないように思います。
昨日、NYは結構下落した後、マイナスではあるものの返してきてますので、売りを入れるのはちょっと怖いようにも思います。日経平均がドル円の円高に追随するか、NYに反応するかって感じだと思いますが、昨日のトランプ氏の記者会見ではほぼ何も出てませんので、リスクオフの流れってことでは捉えにくいです。利益確定の動きが出たって感じに見えます。ふーむ。あ、そうそう、筆者は売りがどうこうって書いてますが、筆者は下に買いポジションがありますので、売りで仕掛けるって意味合いではなく、買いポジションのヘッジの意味合いが強いです。ヘッジの売りを入れる所まで来たら売りを入れて、下落の流れになれば買いポジションを利益確定して売りは残しておこうかなって考えですので、売りを仕掛けるって感じではありません。
基本的には、売りを入れるどうこうではなく、もみ合いの間はポジションをどちらかに傾けないようにして、高値を抜いてくるような展開になれば買いで攻めて、逆に下落の方向が出れば押目をしっかり待って押目買いするような、どこで買いを入れるかの視点の方が安全かなぁと思います。一旦下落の方向が出ると波動的に下落基調になっちゃうと思いますが、その場合は引き付けるだけ引き付けて、しっかり押目が確認できる所まで待って押し目買いを入れるのがいいと思います。
まぁそれはちょっと直近の話でもないのであれですが、直近では米国の決算が始まりますのでそちらに注目だと思います。って、トランプ氏大統領就任の20日も、もうすぐそこですね。昨日の記者会見を見てたら、なんかこういうの続くのかなと思ってしんどくなっちゃたんですけど、とりあえず4年。色々ありそうですね。

 

 

パラパラチャーハンの作り方(筆者が見つけた感動ver)


  • 冷めたご飯、軽く1.5杯分に卵1個を入れて混ぜまくる。まんべんなく、ご飯に卵がコーティングされるように混ぜまくる。
  • ピーマン、ニンジン、焼き豚をそれぞれ5ミリ角に切る。分量はご飯1.5杯分とその3材料が同じぐらいの分量になるように。ご飯:ピーマン・ニンジン・焼き豚=1:1
  • オリーブオイル大さじ1をフライパンに入れ、ピーマン、ニンジン、焼き豚を入れて、目立った水分がなくなるまで炒める。
  • ご飯を入れて、菜箸でかき混ぜながら炒める(強火)。焦げないようにフライパンを動かしながら菜箸も常に動かす。手は止めない。
  • 炒めてるうちに見事なパラパラチャーハンが出来てきてくる、それに気付いて感動する。
  • 感動の涙をぬぐって味付けしたら終わり。味付けはお好みで。一応筆者はクックドゥーの香味ペースト入れるだけで横着してます。素人料理なので確実とは言いませんが、水分出る材料はないので誰でもパラパラにできると思います。

 

 

関連記事



日本 日本主要株価指数・REIT・日本国債10年
株価指標 PER・EPS・PBR・BPS・配当利回り・NT倍率・日経VI・騰落レシオ・乖離率・空売り比率・売買代金
米国 NYダウ・ナスダック・S&P500・VIX指数・REIT・米国債10年・2年
為替・金・原油 為替・金・原油の推移
IMM投機筋
ポジション
IMM投機筋ポジションの推移
信用取引残高 信用取引残高の推移
投資部門別
売買状況
投資部門別売買状況の推移
裁定取引 裁定取引の推移

 

トランプ氏記者会見前

おはようございます。
先日、気が向いたのでお蔵入りさせてた自転車を引っ張り出してきました。筆者の自転車はフランス製のマウンテンバイクです。おフランスですので、それはそれはオシャレ極まりなく超絶カッコイイんです。マウンテンバイクですからパワフルさ、アグレッシブさの面から見ても申し分なく、段変速も死ぬほどついてますので、メカニカル面、テクニカル面でもパーフェクトに近いです。赤を基調とした自転車ですので筆者は「赤い彗星」と呼んでます。そんな自転車が、お蔵入りさせてた月日が長かったためタイヤがペシャンコになってたので、交換しに自転車屋へ持って行きました。オシャレ極まりない自転車ですからタイヤもオシャレ極まりなく、白のラインがシャーン!と入ってて、マウンテンバイクのゴツゴツしたタイヤなのに重苦しくなくオシャレに見えちゃう!みたいな。オシャレの国おフランスですからそういうことになっちゃうんです。まぁでもこれと同じタイヤあるわけないよねって感じで、デザインだけ似せときゃいっかと思って、自転車屋に一本だけあった白のラインが入ったタイヤに交換してもらうことにしました。で、完成を見たら予想外に超絶みっともないことになってたんです。筆者が選んだタイヤはマウンテンバイク用でなく細いタイヤだったので、マウンテンバイクのどっしりした本体でタイヤだけ細い、ってことになって、バランス最悪で超絶ダサくなりました。ボディビルダーの上半身にローラさんの足をつけたみたいな・・・。完全なチョイスミスでおフランスの偽物の自転車みたいになって乗って帰ってくるのが恥ずかしかった筆者です。

さて、冒頭の話が長くなりましたが相場です。
ドル円は日経平均もみ合いで、NYもトランプ氏の記者会見前で様子見の動きのように見えます。ただ、基本的には強い相場のように見えます。トランプ氏の発言によっては上トライも、って感じに見えます。NYに関しては、まだ長期金利の上昇の警戒もなさそうで、そもそもドルの強さも見てなさそうですし、トランプ氏も米国にとって悪いことを言うとは思えませんので、ここで相場転換っていうのも予想はしにくい所かなぁと思います。ただ、トランプ氏がどんな方なのかまだよくわからないので、単純な予想はきかないかもってことで警戒は必要だと思いますし、なんとなく今回の記者会見が20日の大統領就任からの相場展開を占うイベントになるって見方をしているメディアが多いようにも思いますが、筆者としては、どちらかというと今回の記者会見と20日の大統領就任は質が違うかなぁって気がしてますので、ここで変に固定概念植え付けられてもうっとうしいですし、13日からの米国の決算発表の動向をより見ておきたいかなぁと思います。長期金利上昇の影響やドル高の影響はまだ限定的な気もしますし、視点は次に向かってると思いますが、ここで毛躓く内容であれば相場展開変わりやすくなる可能性があるので注視しておきたいなぁと思います。

さて、今日は手控えの動きも出やすそうにも思いますが、昨日までの日経平均は25日線も割らずに強いなぁって展開が続いています。チャートも崩れてないので昨日筆者は何もしてない感じです。楽観的なことを言うと、ムニューチン氏はドル高容認派ですし、トランプ氏はドル安論者として見られていますが、今の所確定的じゃないんですよね。その点から考えるとドル高けん制入ってきにくそうですし、米国にとっていいこといいそうなので、ここで相場崩れる見方はしにくそうに思います。ただ、何言うかわからないので警戒するのが普通の所だと思ってます。ちょっと悪い見方をするなら、ガンドラッグ氏の見方として、先月中旬の段階でトランプラリーはそろそろ終わるって言ってましたので、ここが転機になってもって見方もできます。ってことでまぁ様子見ですよねぇ。どっちに振れるか見てからでいいですしね。

 

 

関連記事


 


日本 日本主要株価指数・REIT・日本国債10年
株価指標 PER・EPS・PBR・BPS・配当利回り・NT倍率・日経VI・騰落レシオ・乖離率・空売り比率・売買代金
米国 NYダウ・ナスダック・S&P500・VIX指数・REIT・米国債10年・2年
為替・金・原油 為替・金・原油の推移
IMM投機筋
ポジション
IMM投機筋ポジションの推移
信用取引残高 信用取引残高の推移
投資部門別
売買状況
投資部門別売買状況の推移
裁定取引 裁定取引の推移