トランプ氏記者会見前

おはようございます。
先日、気が向いたのでお蔵入りさせてた自転車を引っ張り出してきました。筆者の自転車はフランス製のマウンテンバイクです。おフランスですので、それはそれはオシャレ極まりなく超絶カッコイイんです。マウンテンバイクですからパワフルさ、アグレッシブさの面から見ても申し分なく、段変速も死ぬほどついてますので、メカニカル面、テクニカル面でもパーフェクトに近いです。赤を基調とした自転車ですので筆者は「赤い彗星」と呼んでます。そんな自転車が、お蔵入りさせてた月日が長かったためタイヤがペシャンコになってたので、交換しに自転車屋へ持って行きました。オシャレ極まりない自転車ですからタイヤもオシャレ極まりなく、白のラインがシャーン!と入ってて、マウンテンバイクのゴツゴツしたタイヤなのに重苦しくなくオシャレに見えちゃう!みたいな。オシャレの国おフランスですからそういうことになっちゃうんです。まぁでもこれと同じタイヤあるわけないよねって感じで、デザインだけ似せときゃいっかと思って、自転車屋に一本だけあった白のラインが入ったタイヤに交換してもらうことにしました。で、完成を見たら予想外に超絶みっともないことになってたんです。筆者が選んだタイヤはマウンテンバイク用でなく細いタイヤだったので、マウンテンバイクのどっしりした本体でタイヤだけ細い、ってことになって、バランス最悪で超絶ダサくなりました。ボディビルダーの上半身にローラさんの足をつけたみたいな・・・。完全なチョイスミスでおフランスの偽物の自転車みたいになって乗って帰ってくるのが恥ずかしかった筆者です。

さて、冒頭の話が長くなりましたが相場です。
ドル円は日経平均もみ合いで、NYもトランプ氏の記者会見前で様子見の動きのように見えます。ただ、基本的には強い相場のように見えます。トランプ氏の発言によっては上トライも、って感じに見えます。NYに関しては、まだ長期金利の上昇の警戒もなさそうで、そもそもドルの強さも見てなさそうですし、トランプ氏も米国にとって悪いことを言うとは思えませんので、ここで相場転換っていうのも予想はしにくい所かなぁと思います。ただ、トランプ氏がどんな方なのかまだよくわからないので、単純な予想はきかないかもってことで警戒は必要だと思いますし、なんとなく今回の記者会見が20日の大統領就任からの相場展開を占うイベントになるって見方をしているメディアが多いようにも思いますが、筆者としては、どちらかというと今回の記者会見と20日の大統領就任は質が違うかなぁって気がしてますので、ここで変に固定概念植え付けられてもうっとうしいですし、13日からの米国の決算発表の動向をより見ておきたいかなぁと思います。長期金利上昇の影響やドル高の影響はまだ限定的な気もしますし、視点は次に向かってると思いますが、ここで毛躓く内容であれば相場展開変わりやすくなる可能性があるので注視しておきたいなぁと思います。

さて、今日は手控えの動きも出やすそうにも思いますが、昨日までの日経平均25日線も割らずに強いなぁって展開が続いています。チャートも崩れてないので昨日筆者は何もしてない感じです。楽観的なことを言うと、ムニューチン氏はドル高容認派ですし、トランプ氏はドル安論者として見られていますが、今の所確定的じゃないんですよね。その点から考えるとドル高けん制入ってきにくそうですし、米国にとっていいこといいそうなので、ここで相場崩れる見方はしにくそうに思います。ただ、何言うかわからないので警戒するのが普通の所だと思ってます。ちょっと悪い見方をするなら、ガンドラッグ氏の見方として、先月中旬の段階でトランプラリーはそろそろ終わるって言ってましたので、ここが転機になってもって見方もできます。ってことでまぁ様子見ですよねぇ。どっちに振れるか見てからでいいですしね。

 

 

関連記事


 


日本 日本主要株価指数・REIT・日本国債10年
株価指標 PER・EPS・PBR・BPS・配当利回り・NT倍率・日経VI・騰落レシオ・乖離率・空売り比率・売買代金
米国 NYダウ・ナスダック・S&P500・VIX指数・REIT・米国債10年・2年
為替・金・原油 為替・金・原油の推移
IMM投機筋
ポジション
IMM投機筋ポジションの推移
信用取引残高 信用取引残高の推移
投資部門別
売買状況
投資部門別売買状況の推移
裁定取引 裁定取引の推移