トランプ氏記者会見前

おはようございます。
先日、気が向いたのでお蔵入りさせてた自転車を引っ張り出してきました。筆者の自転車はフランス製のマウンテンバイクです。おフランスですので、それはそれはオシャレ極まりなく超絶カッコイイんです。マウンテンバイクですからパワフルさ、アグレッシブさの面から見ても申し分なく、段変速も死ぬほどついてますので、メカニカル面、テクニカル面でもパーフェクトに近いです。赤を基調とした自転車ですので筆者は「赤い彗星」と呼んでます。そんな自転車が、お蔵入りさせてた月日が長かったためタイヤがペシャンコになってたので、交換しに自転車屋へ持って行きました。オシャレ極まりない自転車ですからタイヤもオシャレ極まりなく、白のラインがシャーン!と入ってて、マウンテンバイクのゴツゴツしたタイヤなのに重苦しくなくオシャレに見えちゃう!みたいな。オシャレの国おフランスですからそういうことになっちゃうんです。まぁでもこれと同じタイヤあるわけないよねって感じで、デザインだけ似せときゃいっかと思って、自転車屋に一本だけあった白のラインが入ったタイヤに交換してもらうことにしました。で、完成を見たら予想外に超絶みっともないことになってたんです。筆者が選んだタイヤはマウンテンバイク用でなく細いタイヤだったので、マウンテンバイクのどっしりした本体でタイヤだけ細い、ってことになって、バランス最悪で超絶ダサくなりました。ボディビルダーの上半身にローラさんの足をつけたみたいな・・・。完全なチョイスミスでおフランスの偽物の自転車みたいになって乗って帰ってくるのが恥ずかしかった筆者です。

さて、冒頭の話が長くなりましたが相場です。
ドル円は日経平均もみ合いで、NYもトランプ氏の記者会見前で様子見の動きのように見えます。ただ、基本的には強い相場のように見えます。トランプ氏の発言によっては上トライも、って感じに見えます。NYに関しては、まだ長期金利の上昇の警戒もなさそうで、そもそもドルの強さも見てなさそうですし、トランプ氏も米国にとって悪いことを言うとは思えませんので、ここで相場転換っていうのも予想はしにくい所かなぁと思います。ただ、トランプ氏がどんな方なのかまだよくわからないので、単純な予想はきかないかもってことで警戒は必要だと思いますし、なんとなく今回の記者会見が20日の大統領就任からの相場展開を占うイベントになるって見方をしているメディアが多いようにも思いますが、筆者としては、どちらかというと今回の記者会見と20日の大統領就任は質が違うかなぁって気がしてますので、ここで変に固定概念植え付けられてもうっとうしいですし、13日からの米国の決算発表の動向をより見ておきたいかなぁと思います。長期金利上昇の影響やドル高の影響はまだ限定的な気もしますし、視点は次に向かってると思いますが、ここで毛躓く内容であれば相場展開変わりやすくなる可能性があるので注視しておきたいなぁと思います。

さて、今日は手控えの動きも出やすそうにも思いますが、昨日までの日経平均は25日線も割らずに強いなぁって展開が続いています。チャートも崩れてないので昨日筆者は何もしてない感じです。楽観的なことを言うと、ムニューチン氏はドル高容認派ですし、トランプ氏はドル安論者として見られていますが、今の所確定的じゃないんですよね。その点から考えるとドル高けん制入ってきにくそうですし、米国にとっていいこといいそうなので、ここで相場崩れる見方はしにくそうに思います。ただ、何言うかわからないので警戒するのが普通の所だと思ってます。ちょっと悪い見方をするなら、ガンドラッグ氏の見方として、先月中旬の段階でトランプラリーはそろそろ終わるって言ってましたので、ここが転機になってもって見方もできます。ってことでまぁ様子見ですよねぇ。どっちに振れるか見てからでいいですしね。

 

 

関連記事


 


日本 日本主要株価指数・REIT・日本国債10年
株価指標 PER・EPS・PBR・BPS・配当利回り・NT倍率・日経VI・騰落レシオ・乖離率・空売り比率・売買代金
米国 NYダウ・ナスダック・S&P500・VIX指数・REIT・米国債10年・2年
為替・金・原油 為替・金・原油の推移
IMM投機筋
ポジション
IMM投機筋ポジションの推移
信用取引残高 信用取引残高の推移
投資部門別
売買状況
投資部門別売買状況の推移
裁定取引 裁定取引の推移

20000ドル届かず下落

おはようございます。
茨城の地震大丈夫でしょうか?速報レベルの情報しか見れてませんし、テレビも今そのニュースやってないのでわかりませんが大きな影響が出てなければいいです。あまりいい加減なことは言えませんが、グッと気温が下がる日や上がる日は地震が起こりやすい印象がありますので、特に注意しておきたいです。

相場ですが、NYがまぁまぁ下がってます。一旦、NYダウが20000ドルをトライしにいって買いが続かず利益確定に押された形に見えます。売買が少ないので大きく捉えなくてもいいかもしれませんが、TOPIXやドル円はダイバージェンス出てますし、日経平均も含めて10日線割れだと思うので、一旦今日軽く売りを入れようかなと思ってます。ただ、基本的にはちょっと待って押し目買い狙う戦略がいいのかなと思ってます。一応筆者はダイバージェンスで10日線割れなら、買いポジションのヘッジも兼ねて一応売り入れたいだけですので・・・。下がっても25日線辺りなのかなぁと今の所では思ってます。ただですね、NYは一旦調整色強まってもおかしくはないと思います。利益確定待ってる向きもあると思いますしね。1月は調整色強まってもおかしくないと思ってます。年末年始もはさみますので、買いポジションはある程度落としてもいいんじゃないかなって思います。たぶんNYに関しては、もう一度20000ドルをトライする局面がくるんじゃないかなって思ってます。それが早くくるのか時間空けるのかは知りませんが、一旦押しが確認できる所で押し目買い入れれる準備はしておいてもいいんじゃないかと思います。ま、明日即効トライしに行く可能性もありますけどね!その場合、筆者としては今日建てる売りは損切りかなぁと考えてます。20000ドル抜けられると売りのポジションはキツイので。しかももうあと2営業日ですよね。売りを建てるのもちょっと難癖あるなぁとも思いつつヘッジで建てておきます。まぁ日本の指数のチャート的には一旦調整だと思ってます。米国の長期金利ももたついてますので、円安もそんなに期待できないと思いますしね。ただ、まだ休暇ムードですけどね。20000ドル抜くだけの買いが続かなかっただけって見方も十分できます。年末にちょっと判断迷うのきちゃいましたね。とりあえず「掉尾の一振」は期待してません、ってブログで書いておいてよかったです。アナリストの方やストラテジストの方で「掉尾の一振」つって煽る向きがあるのですが、あまりこれ取れないんですよね。毎年。筆者の印象では。この時期は中小型デイトレぐらいで稼ぐのがあまりアタリハズレない印象なのでそうしてます。

さて、一方で今日は下がって始まると思いますが、いい押しと思って買いが入るのかは見ておきたいです。変に反発されて10日線キープされるような展開になると、筆者売りの判断が鈍ってしまいそうでウザいかもしれません。はぁ、昨日お酒飲んで頭痛いから面倒くさい相場だけはやめて欲しいです。下がるなら下がる!上がるなら上がる!キビキビ動いてほしいです。笑 御用納めで今日しっかり相場見られる方が多いと思いますが、今日も頑張りましょうね!

 

 

関連記事


 


日本 日本主要株価指数・REIT・日本国債10年
株価指標 PER・EPS・PBR・BPS・配当利回り・NT倍率・日経VI・騰落レシオ・乖離率・空売り比率・売買代金
米国 NYダウ・ナスダック・S&P500・VIX指数・REIT・米国債10年・2年
為替・金・原油 為替・金・原油の推移
IMM投機筋
ポジション
IMM投機筋ポジションの推移
信用取引残高 信用取引残高の推移
投資部門別
売買状況
投資部門別売買状況の推移
裁定取引 裁定取引の推移

トランプラリーとガンドラッグ氏

おはようございます。
よく行くゴルフ練習場の受付に、この娘以上の接客をする店員さんはいない!ってぐらい完璧な身のこなしと笑顔、そして客裁きをする店員さんがいるんです。いつも素晴らしい!と絶賛の気持ちを持って受付してもらってるのですが、その店員さんが昨日、店のカーテンを開ける際、「カーテンがちぎれる!」って思うぐらい右手を振り抜いて乱暴にカーテンを開ける姿を見てしまったんです。あんなに強烈に「くの字」になったカーテンを今まで見たことがなかったです。あの勢いでビンタされたら絶対気絶する!と怯えた筆者です。

さて、まずは筆者が度々ブログで書いてる債券王のガンドラッグ氏のインタビューのまとめ記事をアップしたので、今後の相場の予測の参考によかったら読んでみてください。

ジェフリー・ガンドラッグ氏の予測(2016年12月15日)

ガンドラッグ氏は債券王って言われてるだけあってかなり当たるんですよね。筆者は相場の見方とかも共感できることが多いので、いつも注目している方です。相場ではもうその傾向出てますが、金利を下げる時代から金利を上げる時代に入ってる感じですね。米国10年国債利回りが今後5年で6%かぁ。日銀の今後の金融政策やドルにもよりますが円安かなり見込めるかもですね。

さて、昨日の筆者はちょっとわちゃわちゃしました。昨日ブログで書いてたようにちょっと強気で見てましたので、寄り日経平均先物より小安く始まったことから即試し買いをいれて、その後ガラってしまったのでヘッジで売りを入れて様子見、後場に買いが入ったのでまた買いを入れ、買い2売り1の割合で持ち越しました。結構下手な売買してしまったなぁと反省気味です。後場の上昇は日銀かなぁと思いましたし、NYの動向はわかりませんでしたが、ドル円が調子良かったのでポジション的にちょっとだけ強気めにしておきました。

ドル円ですが、118円乗せで引き続き円安が進んでいます。ボリンジャーバンドの2σ接近ですが、2σでバンドウォーク(バンドに添って株価が推移すること)していくのか注目だと思います。日経平均に関しては、ボリンジャーバンドの2σに届かなくなってる展開が少し気になります。昨日の相場はNY動向を見極めたいって向きが多かったように思いますが、利益確定の動きも結構出てるなぁって印象もありました。一応、RSIストキャスティクスダイバージェンスは昨日時点で返されていませんので、ちょっと警戒だと思います。今日の相場がいまいち弱かったらさらに警戒してもいいと思います。ガンドラッグ氏もトランプラリーはもうすぐ終わるって言ってますしね。もうすぐっていつかわかりませんが、文言的には大統領就任あたりかなぁとも見れます。一応筆者は上がっている間はストップロスを入れながら引き続きついていくつもりでいます。なんとなーく弱そうになってきたらこまめに利益確定も入れていくつもりです。もう随分上がりましたし、日柄的にも警戒は強めたいです。いつでも即逃げできる準備はしています。5日線か10日線の上に株価があるうちは押し目買いでいいと思うのですが、たぶん、今度大きな下げの局面がきた時は結構下がると思いますので、その場合は変に押し目買いは入れない方がいいと思います。基本的に10日線割ったら買っちゃダメだと思います。しっかり反発が確認できる時まで待って、次の上昇波に乗るのがいいと思います。ってまだそんな局面ではありませんけどね。一応です。

 

 

関連記事


 


日本 日本主要株価指数・REIT・日本国債10年
株価指標 PER・EPS・PBR・BPS・配当利回り・NT倍率・日経VI・騰落レシオ・乖離率・空売り比率・売買代金
米国 NYダウ・ナスダック・S&P500・VIX指数・REIT・米国債10年・2年
為替・金・原油 為替・金・原油の推移
IMM投機筋
ポジション
IMM投機筋ポジションの推移
信用取引残高 信用取引残高の推移
投資部門別
売買状況
投資部門別売買状況の推移
裁定取引 裁定取引の推移