CET1比率に問題がある国

CET1比率とは


CET1比率とは、普通株式等Tier1比率とも呼ばれるものです。詳しい解説は、

CET1比率(普通株式等Tier1比率)とは

CET1(普通株式等Tier1)とは

のページを参照して下さい。

すなわち、CET1比率とは、通常の自己資本比率よりも質の高い自己資本の割合を示した指標です。

 

 

CET1比率に問題がある国


多額の不良債権を抱えていることで問題となったモンテパスキを筆頭としたイタリアの銀行ですが、この他にも欧州ではCET1比率に問題がある国がたくさんあります(2016年中旬のストレステストで、強いストレスをかけた場合のCET1比率が悪かった国)。以下はCET1比率がマイナスとなっている国です(CET1比率が低い順)。

  • アイルランド
  • オランダ
  • イタリア
  • デンマーク
  • フィンランド
  • イギリス
  • オーストリア
  • ベルギー
  • ハンガリー
  • スペイン
  • デンマーク
  • フランス
  • スウェーデン
  • ポーランド



 

関連記事


 

 

当ページは、当該の内容について運営者が作成・編集したものです。情報・データは安全性や正確性を保証するものではなく、投資への勧誘を目的としたものでもありません。当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害について一切責任を負いませんので予めご了承ください。